自分らしく自由に生きる

仙台市(宮城県)で子育てしながら働くママです。おいしいもの、おすすめ本、心理学について発信します。

五反田のボードゲームゲームカフェウィンウィンにて、けんらん亭を使った燻製会へ参加しました。

けんらん亭は、部屋の中で、15分ほどで燻製が出来る、見ためレンジのようなもの。


燻製といえば、においが気になるので、キャンプ場などでしか出来なかった。

部屋で出来るのは、燻製好きにはたまらない!

チップもたくさんありました。

Amazonでいろいろ買えました↓

さくらチップぐらいしか使ったことがなかったです。

今回は、燻製隊のみなさまが率先して準備してくださって、食べる専門。

カマンベールとめんたいこ、激ウマでした。


うずらの卵、人気があって、あっという間になくなりました。


アーモンドもおいしかったです。

キャンプの時の煙たいスモークとは、少し違う、おちょっとしゃれな感じの味でした。


ワインに合うおつまみ、たくさん作れます。

15分と少し時間はかかりますが、火加減の調整不要!

マンション住まいの人や家飲みする人はあると便利です。



本田健さん、リン・ツイストさんの講演会へ参加しました。


テーマは「お金と争いから自由になる世界の作り方」です。


私は兄弟がいないひとりっこだからか、極端に争いが苦手です。

常に平和で仲良く、調和された世界にいたいと思っています。

お金と争いから自由になれたら、どんなにすばらしい日々だろう!?
と、楽しみにして参加しました。


リン・ツイストさんは、3人の子供がいるごく普通の教師でした。

突然、目覚めたことがきっかけで、今の活動、熱帯雨林の保護や、世界から飢餓を失くす運動をしています。

コミッテッドライフと言っていましたが、自分のエゴではなく、何か大きなものに対して、貢献する生き方を選んだそうです。

コミッテッドすることで、人生がどんどん変化したそう。
そして、マザーテレサやダライ・ラマと一緒に仕事をすることになりました。

その人生は、リンさんが前もって計画したものではありません。

予想もつかなかったそうです。

その人生を選んだことで、子供たちと一緒にいられなかったこともありました。

さらに、マラリアにかかり、8ヶ月寝込んだこともあったそう!!

それでも自分の選んだ生きかたを辞めることは出来なかったそうです。

聞こえてくる声、Calling(天命のようなもの)に従い続けました。


リンさんは、自分が生きている間に、飢餓を失くすことは出来ないかもしれないと言います。

それでもCallingに従って生きることで、満たされた毎日へ変化したそうです。


リンさんは今年71歳になりますが、非常に若々しく、50代に見えました。

小さい頃、一緒に過ごせなかった子供たちは、いまでは成人し、孫もいて、孫と過ごす時間がとても満たされているとおっしゃっていました。


リンさんのお話は、愛に溢れていて、聞いているだけで、涙が流れました。

お金を不安や恐れをなくすために使うのではなく、愛とともにお金を使うこと。

私は今まで、高い、安い、お得を基準にお金を使っていたので、これからは、もっと愛とともにお金を使いたい!!

非常に短い時間で、もっとお話し聞きたかったです。


まずは、リンさんの本を読もう!

ポケモンgo、土日にコツコツやってます。

近場のおでかけが楽しくなるツールです。

ピカチュウの巣らしい、長沼フードピア公園。


風車と長い滑り台があります。


滑り台は、111メートルあるそうです。

ローラーでお尻が痛くなるので、110円でダンボールを買えます。


大人が滑ってもおもしろい!!!


恥ずかしがらず、子供と一緒に滑りましょう。


少ないけれど、ポケストップあります。


そして、ピカチュウ、普通にいます。

かわいい。



ジャーンプ!!!!




人が少なく自然が多い公園でやるのは、気持ち良い!!



親子連れで、自然、アスレチック、ポケモン楽しめます。

ピカチュウ、ずっと出現してほしい。



〒987-0513
るるぶ仙台 松島 宮城'17 (国内シリーズ)

るるぶ仙台 松島 宮城'17 (国内シリーズ)

  • 作者:
  • 出版社:ジェイティビィパブリッシング
  • 発売日: 2016-03-30

ちゅうつねセミナーに参加しました。


ゲストは土井英司さん。

興味深い話が次々出てきました。
一晩中でも聞いていたかった。



一部刺さったキーワードを私の解釈で紹介します。

土井さんはビジネスブックマラソンというメールマガジンを発行されています。

1日3冊、本を読んで良いと思ったものをメールマガジンで紹介しています。


私も2006年から読み続けています。


メールマガジンに載せているのは、単なる書評じゃないそう。

ビジネス書はエンターテイメントではない。


本を読んで終わりではなく、もっとビジネスの種として、行動に落とし込もうと思いました。

本を読んで、そして、現地に行って確かめることが大切。


ちゅうつねセミナーも、ネットで視聴することができます。

場所を問わず、セミナー視聴は出来ますが、行ける時は、出来る限り、会場受講しています。

新幹線代もかかるし、ネットで見られるのに、わざわざ行かなくてもよいかもしれません。

だけど、会場の空気感は、ネットではわからないし、言葉以外の非言語情報は、ライブでないとわからない!!


私は行動に落とし込むことが苦手。

今日の話を聞いて、本は読むだけではもったいないので、自分の行動にもっと直結させたいと思いました。



土井さんは、もともと目利きとして有名です。

その目利きのコツのひとつ。


目を見る!


話している時にその人の目を見ると、興味があることは、瞳孔が開くそう。


土井さんの基準で、どんな時に瞳孔が開くのかをチェック。

今後伸びるの人なのか、見極めているそうです。

瞳孔が大きいとモテる。



どうしたら瞳孔が開くのか??


複雑な計算をしている時。
何にでも興味を持つこと。


計算は苦手なので、まずは何にでも興味を持つようにしたいです。



成功している人に共通していることはふたつ。


・清潔感があること!
見た目だけではなく、生き方、お金に対する考え方、すべてにおける清潔感です。


・夢を持っている

経沢さん、はあちゅうさんも大変な苦労があったかもしれない。
苦労を乗り越えて、清潔感、夢を叶え続けています。


成功している人は変わり続ける習慣がある。


でも変わることは簡単ではない。


変わる前に戻りたいと思わなければ良い。


自分の心が折れなければ、なんでも実現できる。


一度きりの人生、もっと自分を信じて、才能を開かせていきたい!


何ができるかわかりませんが、何にでも興味を持って、好きと思えることをもっと、もっと、実現させていきたいと思います。


土井さんのメールマガジン「ビジネスブックマラソン」も、さまざまなビジネスのヒントがあります。

土井さんのお話を聞いたうえで、メールマガジンを読むと、読み方、活用の仕方がわかります。


他にもまだまだ、すごいポイントをお話いただきました。
土井さんのお話は、オンラインサロン「ちゅうつね」にて、期間限定でネット視聴が出来ます。

これは観たほうが良いです。

もし何かに行き詰まっている人は、生き方が変わります。









月に1度の勝間塾月例会へ参加しました。


今回のテーマは情報処理・読書術。


本日の学びを、自分の解釈で紹介します。


情報処理には、どんどん良質な情報が集まってくる環境を作ることが大切です。

仕事、職場と家庭の往復だけでは、なかなか新しい情報は入ってこない!


どうすれば、良質な情報が入ってくるか?


良質な情報を持っている人と付き合う

たとえば、オフ会に参加する。

勝間塾では、オフ会が活発に開催されていて、毎回濃い話が聞けます!

今回は月例会前に、オペラパークオフという、オペラとバレエに興味がある人の集まりに参加しました。
ライブビューイングの情報や、ネットでみる方法を教えてもらいました。


自分が良い情報を発信していく


得意分野の情報を発信することで、他の情報を持っている人と繋がり、どんどん情報が集まってくる。



2時間以上、マスメディア以外から情報収集しているか?


マスメディアからしか情報を取ってないと、タイムラグが生じるため、マスメディア以外からの情報が大切です。

今回の課題図書は、フォトリーディングの本でした。


勝間さんは12年前にフォトリーディングを知り、実践しています。

12年前からだと、すでに情報の蓄積がケタ違いですね。



今で言えば、スマホ利用、フリック入力。

携帯打ちでは、アウトプットするのに時間がかかるので、結果フリック入力になるはず。

フォトリーディングやフリック入力は、情報が入ってこないと、知らないから出来ないわけですね。


そして!


読書術については、参加者の悩みは共通のものでした。


本を読む時間がない


隙間時間に読む

誰でもそんなに時間が取れない
早く読むために、フォトリーディングを身につけるのもひとつ。



読んだ内容が頭に入らない


当たり前!そういうもの!


忘れてしまっても、きっかけがあれば、思い出す



本が積ん読になってしまう


自分の読む時間を計算、計画性を持って買う



本を読んでもアウトプット出来ない


モチベーションがないから、悩みを解決するために読書すると良い


参加者からの質疑応答も合わせて、90分ぐらい。

勝間さんの早口弾丸トークで、濃い情報を浴び続けて、楽しい時間でした。
 



今回の学びによるアクションはふたつ。

・フォトリーディングを受講する

・アウトプットのためのインプットをする

フォトリーディングは2017年になりそうです。
それまでは、この本で実践します↓

↑このページのトップヘ