あこがれの人、理想の人はいますか?

NLPのスキルのひとつに「モデリング」というものがあります。

モデリングって何かっていうと、
うまくいっている人のマネをすることです。

理想の人をマネすることで、五感を通して
うまく行くやり方を身に付けることができます。

頭で考えてもわからない時は、
うまく行っている人になりきって徹底的にマネしてみる。


問題を抱えたままの自分でいる限り
新しい解決法は見つかりません。

理想の人になりきってみると、まずは姿勢が変わります。
視線は上向きで、視野が広くなりました。
話し方も堂々としていました。
なんだか違う世界を見ているような気持ちになります。

それからはモデリングしていない時も、姿勢に気をつけてみたり、
話し方に気をつけるようになりました。

自分との行動の違いを知ることで、
うまくいくパターンがわかります。

あなたの周りには、うまくいっている人、理想の人はいますか?

理想の人になりきって、広い視野を持ちましょう。

積極的にうまく行っている人と出逢いましょう。



マネる技術 (講談社+α新書)