先日開催された仙台NLP認定講座パート5では、
「ニューロ・ロジカル・レベル」を学びました。
ニューロ・ロジカル・レベルとはNLP四天王のひとり
ロバート・ディルツが体系化したNLPモデルのひとつです。

ニューロ・ロジカル・レベルは何かの問題を抱えたときに、
その問題がどのレベルの問題なのかを把握することができます。

ニューロ・ロジカル・レベルで、その問題や情報の整理をすることができます。

そのレベルとは
スピリチュアル ・・・ なぜ我々が生きているのか?人生の目的とはなにか?
自己認識(アイデンティティ) ・・・ あなたが持っている使命・ビジョン
信念 ・・・ あなたが持っている信念や価値観、信じていること
能力 ・・・ あなたの才能や能力
行動 ・・・ あなたが取っている行動・振る舞い
環境 ・・・ あなたの周りの環境

上のレベルの変化は、下のレベルに影響を及ぼします。

よくセルフイメージが大切と言われます。
なぜならセルフイメージは「自己認識(アイデンティティ)」に当たりますので、
セルフイメージが変われば、その下の信念、能力、行動、環境にも影響を与えるからなんです。

また、下のレベルからも相互に関係します。

松井秀喜選手の母校の野球部の部室にある額縁には
こんな事が書かれていました。

「心が変われば行動が変わる。行動が変われば習慣が変わる。
  習慣が変われば人格が変わる。人格が変われば運命が変わる。」


そうじをしたり、付き合う人を変えることで環境は変わりますが
上のレベルから下のレベルへの影響が大きいので、
その上の「行動」や「能力」を変えることで、
その下の「環境」へ影響を与えます。

私は2年前に大好きでつい飲みすぎてしまうお酒をやめたのですが
お酒をやめたことによって、行くお店も付き合う友達も変わりました。

「信念」のレベルを変えたことによって
その下の「行動」や「環境」が変わりました。

子供をほめるときは、「やさしいくていいね」とか「いるだけでうれしい」とか
出来るだけ自己認識(アイデンティティ)をほめるようにしています。

逆に叱るときは、「片付けない」とか「忘れ物をしないように」とか
できるだけ行動を叱るようにしています。

占い師、先生、カウンセラー、コーチを選ぶときも
その人がどのレベルから話しているのか?
自分に合ったレベルでアドバイスをしてくれているのか?
というチェックポイントがあると、失敗しません。

自己認識(アイデンティティ)レベルを攻撃する人は
どんなに有名な人でも、ニセモノかもしれません。

ニューロ・ロジカル・レベルを知っていると、
様々な使い方ができます。

くわしくはこちらの本でも学べます。