自分らしく自由に生きる

仙台市(宮城県)で子育てしながら働くママです。おいしいもの、おすすめ本、心理学について発信します。

カテゴリ: 書評

仙台の働く女性の幸せライフナビゲーター南部まゆりです。

私が神戸大・大・大好きになるきっかけとなった
この方が本を出版しました。

ViVi、JJ、VISなどの掲載記事を
いまでも大切にしていますラブラブ
数年前に一緒に撮ってもらったポラも大切にしています。
3be3bff1.jpg


私が魅力を感じるのは

・コツコツ努力している
・常にチャレンジしている
・自分らしい生き方を楽しんでいる


というところです。

輝いて生きている女性に共通する魅力ではないでしょうか?

美容に関しては、なかなか苦手な分野ですが
本を参考にちょっとでもがんばろーーう音譜

楽しくって元気になる本でした。
自分磨き/奥田順子

週末はひさしぶりに読書三昧でした。
電子書籍も含めて3冊を堪能しました。

毎日すき間時間を使って本を読みますが
私にとっては落ち着いてじっくり読むというのが
とても、とても幸せな時間ですラブラブ

読んだ本はこちら


読んだ印象は、超合理的な恋愛論です。

正直、この本は誰がターゲットで書かれているのかが
ちょっとわかりにくい本だと思いました。
ある程度稼いで自立している女性向けなのでしょうか?

恋愛を経済学から読み解くという切り口はすごくおもしろいのですが
恋愛中の乙女が読んでも、あまりピンと来ない内容かもしれません。

恋愛に対して客観的に分析しすぎている内容なので
自分の恋愛パターンに落とし込むためには
それなりの工夫が必要だからです。

その客観的すぎる分析が見方によってはおもしろく
手品の種明かしを知ってしまって
ちょっとがっかりするのと似ています。

女性が男性の求めるものって
やはり一番は経済力なのでしょうね。

私のところに相談にいらっしゃる方も
彼が正社員じゃないから結婚出来ない
という相談がとても多いです。

彼が稼いで来ないなら自分が稼ぐ!
という人もいますが、そのパターンでは彼が稼げない分
家事が出来たり、子供が大好きだったりします。

稼げないうえに、家事も育児も出来ない人とは
恋愛で一時的に盛り上がっても、
長くうまくやっていくのは難しいでしょうね。


私はこの本でインターセックスやアセクシャルを初めて知りました。

インターセックスとは雌雄同体といって、男女の性を両方兼ね備えている人
アセクシャルとは他者に対して恋愛感情や性的欲求を抱かない人
と書かれています。

これは知っている人と知らない人では
その人に対する見方が全然違ってくると思います。

以前に比べて、いろいろな愛の形が
どんどんオープンになってくるのではないでしょうか。



この本では恋愛がうまくいかない人については

ダメな人に限って、自分のせいだと思わないで人のせいにするか、
最初から無理だったとあきらめたりします。

恋愛がうまくいく人については

モテる人というのは努力する人であり、
チャレンジする人であり、
何度でも恋愛(じゃんけん)をする人なのです。
失敗しても、自分のせいだと思って改善し、
努力し続けるわけです。



結局恋愛は幸せになるためにひとつの活動です。
より幸せになるためには、努力、チャレンジ、改善ですね!!

そうじと片づけって
キライな人がほとんどじゃないでしょうか?

一度片づけたら二度と散らからない方法があったら
やってみたいと思いますか?

その方法が書かれているのがこちら。

この本は

「一度片づけたら二度と散らからない
 片づけを一回で終わらせる方法を書いた本」


一回片づけたら、もう二度と片づけなくて良い方法が書かれています。

私はもともとそうじと片づけが大好きです。
休みの日は起きてから1時間ぐらい片づけとそうじをします。
朝、そうじをするとスッキリして
1日中気持ちよく過ごせます。
これが当たり前だと思っていました。

ところが、この本を読んで考え方がガラリと変わりました。

片づけって、整理整頓や部屋をキレイにするってことじゃないんです。
片づけは幸せになるための一つの方法だということです。

なぜなら、この本で紹介されている片づけ法は
「感情」が基準になっているからです。

片づけとは「モノを通して自分と対話する作業」である

と書かれています。

片づける時に、すべてのモノを手に取って
「ときめき」があるかどうかで分別します。

この「ときめき」

実際にやってみると、最初は全然ピンと来ません。
とにかく手に取って自分の心と体の感覚に意識を向ける作業を
何度か繰り返すうちに、この「ときめき」感がわかってきました。


最後の片づけをしたい方はまずは本をチェックしてみて!

年末に私の大好きな漫画の新刊が発売されました。

ふたりがマンガ家として夢を叶えていくストーリー。

自己啓発書にも書かれているような内容が
マンガ家を目指していく過程を通して描かれています。
ビジネス本を読むより楽しく読めるのでオススメです。

夢を描いてチャレンジしていく行動力。
より難しいチャレンジを続けていくパワー。
できることはすべてやるという妥協がない努力。

マンガ家を目指すふたりの努力は半端ない!!

くじけそうな時は、このマンガを読んで
もっとがんばろうというパワーをもらっています。

今回印象的だったのは、
人気を取るためにマンガを描くのか?
マンガ家として表現したいからマンガを描くのか?
という討論部分でした。

マンガは自分が描きたいことを表現するものではあるけれども
人気がなかったら連載を続けることは出来ません。

主人公が出した結論は「人それぞれ!」

人気を取るためにマンガを描く人がいていいし
表現するためにマンガを描く人がいても良いということです。



2011年はまさに「人それぞれ」の時代だと思います。

人それぞれということは、
自分がどうしたいのか?
ということが大切になります。

自分がどうしたいかを自分と向き合って知り、
自分と違う相手を否定しないっていうことが
これからつながりを深めて行くには大切です。

価値観が多様化しているということは、
自分が自分でいられるチャンスがあるということ。

周りとの違いを不安に思うのではなくて
自分が自分でいることを楽しめる1年にしたら
毎日が楽しいですよね。

自分を知り、相手との違いを楽しむこと。

マンガを読みながらそんな1年にしたいと思いました。

仙台の悩み相談・セラピスト南部まゆりです。

Facebookを始めてしばらく時間が経ちましたが
全く使いこなせていませんでした。
Facebookのおもしろさが全くわかりませんでした。

ところがふとしたことで、ちょっとだけおもしろさがわかってきました。
そのきっかけは、本屋で目についたこちらの本を読んだからです。
Facebookをビジネスに使う本/熊坂 仁美


Facebookをビジネスにどう使うかが書かれています。

この本を読んで、これからのビジネスについて
私が感じたことを書きます。

ビジネスに生かすというと、いかに儲けるか?
というイメージかもしれません。
でもFacebookは儲けるために使うというよりも
お客様とつながるために使うツールのようです。
お客様とつながったうえで、サービスを提供して
結果的に儲けに繋がるというもの。

いままではラクして儲けるとか
短期間で儲けるという雰囲気がありましたが
これからはいかにつながるかがテーマです。

つながりが深まると
ビジネスなら、結果的には儲けにつながるだろうし
ビジネス以外でも仲間が出来てサポートが増えます。

じゃあどうやってつながりを深めるかというと

・良い情報(商品)を提供する
・コミュニケーションを取る
・自分自身が魅力的な人間になる

これを継続していくことで
つながりを深めることができます。
Facebookはこの3つを手軽に継続できるツールです。

twitterのようにゆるく繋がることも出来るし
コメントを付け合うことも出来るし
チャット機能でがっちりつながることもできます。
情報がどんどん広がる仕掛けもあります。

そしてなんと言ってもFacebookの良さは
日本だけではなく、世界の人たちとつながれることです。
多言語がわかれば、たくさんの情報を得ることが出来て
自分を磨き、よりビジネスを発展させられる可能性が出てきます。
最近では翻訳機能も充実していますので
すでに可能性は広がっているのではないでしょうか?

新しいツールは必ずしも使いこなす必要はないと思います。
だけど世界中でたくさん使っている人がいるツールなので
何か得られるものがあると思います。
楽しんでチャレンジしてみても良いかもしれません。

>>Facebook


チェック人間関係・家族関係・仕事・恋愛の悩み解決
 「問題解決・いやしの悩み相談室」

平日18:30~20:30 土日祝10:00~19:00
場所 宮城県仙台市周辺/全国電話対応

チェック「KOKO☆KARAフェア」
日時 11月20日(土)AM10:00~PM4:15
会場 総合福祉会館(青森県八戸市根城八丁目8-155)

チェック仙台第4期シンボリックセラピービギナーコース 
 ・11月27日(土) (1)10:15-12:15  (2)13:30-15:30  (3) 16:00-18:00
  会場:青年文化センター  研修室2 
 ・11月28日(日) (4)10:15-12:15  (5)13:30-15:30  (6) 16:00-18:00
  会場:青年文化センター  研修室3

↑このページのトップヘ