自分らしく自由に生きる

仙台市(宮城県)で子育てしながら働くママです。おいしいもの、おすすめ本、心理学について発信します。

カテゴリ: マラソン

クイーンズ駅伝in宮城2015、開催されました。


実業団女子日本一を決める大会です。


2011年から岐阜からコースが変わり、宮城で開催されているそうです。


日本三景の松島から、仙台市内をぐるりと周り、陸上競技場までのコースです。


天気予報では、曇りの予報でしたが、
スタート後には、天気が崩れて
雨がポツポツ降ってきました。


選手を待つにはかなり肌寒い気温です。



先導車に続き走ってきたトップはデンソー。


さすが日本一を決める駅伝だけあって、早い。


びゅんびゅん走り抜けていきます。


ちょっと上り坂の5区のゴール直前だったので、
ここまで10キロ走ってきた選手たちは苦しそうでした。







マラソンを応援するときのポイントは、
暑さ寒さ対策は絶対必要です。


今回はたまたま行った先がマラソンコースで、急遽観戦しましたが、雨が降っていて寒かったです。


天気予報は、曇りだったので、傘がない人も多かった。


折りたたみ傘か、カッパがあると、防風にもなって便利。


コース付近では、選手一覧や見所が乗った新聞や、応援グッズのメガホンも配られていました。



応援は力になる!


チャレンジしている姿、
苦しくてもゴールへ向かう姿、
選手を応援して、逆に力をもらいました。


冬はマラソンのシーズン。


沿道からの応援を楽しみたいです。





しろいし蔵王高原マラソンの前夜祭へ行ってきました

ランナーには見えない、スーツの人がたくさん参加していました。
なんと、地元の学校の校長先生たち。
そして、市議会議員の方たちでした。
地域ぐるみのあったかい大会ですね

市長あいさつ!

前夜祭は参加費1000円と激安。
白石特産うーめん、春巻、やきそば、もろきゅう、えだまめ、米粉パン、ビール、ソフトドリンクと盛りだくさんでした。
プラス、受付でアセロラドリンクまで!

白石特産のうーめん!
そうめんより短い麺で、あっさりした味が特徴です

明日走るので、ビールは1杯でガマン
引換券は2枚あるので、飲みたい人は2杯飲めます。
揚げたての春巻もおいしかったです。

ステージでは「tae-chu」という二人組の生演奏がありました。
歌声に癒されました。
もっとゆっくり聴きたかったな。
写真はリハーサル中。

隣の席の方は、愛媛から1人参加の女性。
飛行機と新幹線で来たそうです。

前のご夫婦は、東京から6回目の参加。

遠くから来てくれて嬉しいですね

議員の方が勧めてくれて、殿?の格好をして、写真を撮ってもらいました。


マラソン大会の前夜祭は、初めて参加しましたが、知り合いも出来て、楽しかったです。

知り合いを訪ねて、全国旅ランしたいな。

明日はがんばって走るぞ

第54回伊達ももの里マラソン大会へ参加してきました。


暑い時期でバテそうなので、今回は短めの5キロにしました。

先に10キロの部がスタートしました。
参加者が多くて、最後尾がスタートするまで、5分はかかっていました

5キロは9時20分スタート!
私は無理しないよう、最後尾からスタートしました。
コースはフラットで、途中にある橋だけが坂で、走りやすいコースです。

ひまわり畑が美しい。
畑の向こうを走っているのが、10キロの部のみなさま。

給水所も多くて、水のシャワーも数ヶ所ありました。

なんと、なすびさんが走っていました!


走って疲れているハズなのに、笑顔でハイタッチ!すばらしい

前回、前々回と体調が悪くなり、救護車のお世話になったので、今回は恐る恐る、ゆっくりめに走りました。

無事にゴール!

参加賞は、モモ、タオル、Tシャツから選べて、私はモモにしました

走り切ってホッとしました

会場には、屋台がたくさんあり、モモの販売もありました

モモの試食に群がる人々。

種類も値段も豊富なモモたち。

スタート前に、お取り置きしておきましたが、ゴール後には、売切れてました
先に買っておいて良かった

スタッフさんが、あたたかい福島弁で迎えてくれて、アットホームな大会でした

温泉無料券が付いていたので、温泉へ入りました


お風呂の後は、親子鍋定食をいただきました。
鶏がぷりぷりで、玉ねぎがシャキシャキでおいしかった

来年もぜひ出よう


↑このページのトップヘ